" />

慶尚南道 晋州城(チンジュソン)とノンゲの義岩

投稿日:

晋州城チンジュソンは三国時代に百済により建立された慶尚南道にある石城。元々は土の城だったが、倭寇(日本)の侵攻に備えるため、1379年より石城に改築、修復を繰り返し、主に倭寇を防御する基地として使用された。

晋州城(チンジュソン)の 矗石門 (チョクソンムン)

矗石門 (チョクソンムン)

壬辰の乱と 晋州城チンジュソン

1592年に勃発した壬辰の乱。晋州城チンジュソンの戦い忠武公金時敏キムシミン将軍が率いた3,800人の軍が、3万人の日本軍を撃退して晋州城チンジュソンの大勝利」を成し遂げた。

晋州城(チンジュソン)金時敏将軍の像

金時敏(キムシミン)将軍の像

敵の将軍を抱き、南江に身を投げた義妓ノンゲ

しかしその後、第2次晋州城チンジュソンの戦いで、3万名が殉死し晋州城は陥落した。

倭(日本)軍は矗石樓チョクソンヌで勝利の宴を行った。矗石樓チョクソンヌの下を流れる南江(ナムガン)にある「義巌」は、義妓ノンゲが敵の将軍を誘い出し、将軍を掻き抱いたまま身を投げて死んだといわれる場所。義理堅い、義を重んじるという意味から「義巌」(義岩)と名づけられている。

晋州城(チンジュソン)矗石楼 (チョクソンヌ)

晋州城の南側の崖の上に建つ美しい空中楼閣。矗石楼 (チョクソンヌ)

晋州城(チンジュソン)前の南江

矗石楼 (チョクソンヌ)の下を流れる南江

晋州城(チンジュソン)義岩

ノンゲが将軍を抱いて身投げした義岩(ウィアム)

晋州城(チンジュソン)義岩事蹟碑

倭将を抱き殉死した義妓、論介(ノンゲ)の碑石

ノンゲにささげる詩

義妓ノンゲについての詩が刻まれている

日帝強占期(日本の植民地時代)の晋州城チンジュソン

晋州城には、城を守るための堀として、城壁に沿って周辺の土地を掘った大寺池があった。1930年代、朝鮮総督府土地局は、晋州城の土地内部に多くの住宅を建て利益を得るため、晋州城の城郭すべてと城内の一部を取り壊した。そして壊された城郭の土と石を、池を埋め立てるその工事に充当してしまった。大寺池は埋め立てられて、完全に消えてなくなってしまった。

晋州城の復元事業

光複(解放)後 6.25戦争が起きる前、崖の上に建つ楼閣 矗石樓チョクソンヌ は国宝に指定されていたが、戦争で燃えてしまった。その後、晋州市民が晋州古跡保存会を作り、1960年、寄付により昔の姿を取り戻した。

この1960年の 矗石樓チョクソンヌ の復元を皮切りに、1969年から朴正熙(パク・チョンヒ)大統領の特別指示により、晋州城の復元事業が推進された。1972年 矗石門チョクソンムンを再建し、1975年には拱北門コンブンムン を復元した。

晋州城(チンジュソン)拱北門 (コンブンムン)

拱北門 (コンブンムン)

また、1979年から1984年の間に、日帝強占期以降 城内に建った民家 751棟を、補償費用を払って撤去した。1992年からは城の外郭の整備事業と周辺施設の撤去を始め、2000年までに完了した。

晋州城(チンジュソン)の井戸

壬申の乱の頃より、晋州城の官軍や住民たちに飲み水を供給した重要な井戸。2013年に発掘、復元された

晋州城(チンジュソン)

城内は美しい公園になっている

1963年1月21日に史跡第118号に指定された晋州城チンジュソンは、8年連続「韓国観光100選」に選ばれている。

韓国観光100選とは

文化体育観光部、韓国観光公社が国内観光の活性化のため、韓国の代表的な観光地を選び推進する事業

晋州城(チンジュソン)リーフレット

晋州城は8年連続 韓国観光100選に選ばれた

歴史に興味がある方、ない方も、慶尚南道に行かれる際にはぜひ美しい晋州城チンジュソンを訪れてみてください。

読んでいただきありがとうございます。

Address

晋州城(チンジュソン)
경남 진주시 남강로 626
626 Namgang-ro,Jinju,Gyeongsangnam-do


 
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

-アウトドア, 日帝強占期, 有名な観光地, 韓国おすすめスポット
-

Copyright© シンナラ韓国 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.