" />

公演芸術博物館

投稿日:2019年5月15日 更新日:

韓国初の公演芸術に特化した博物館

公演芸術博物館は、1950年に開館した国立劇場の敷地内にあります。公演芸術の継承・発展を目的とし、韓国で初めて設立された、公演芸術専門の博物館です。公演芸術の歴史を記録、収集、保管する公演芸術博物館は、2009年に常設展示室を開館、一般に公開しています。また翌年2010年には、国立劇場の創立60周年を記念し、企画展示室も開館しました。

ソウルの公演芸術博物館外観

公演芸術博物館 外観

一階には企画展示室と公演芸術の資料室があり、資料室では映像や音響などのデジタルコンテンツや、公演のプログラムなどを閲覧することができます。

常設展示室

ソウルの公演芸術博物館のパンフレット

公演芸術博物館のパンフレット

常設展示室は二階。二階へ行く階段の踊り場には、近代の芸術公演のポスターが展示されていて、目を惹きつけます。ゆっくりポスターを眺めながら、階段を上ります。階段がちょうど建物の中心に位置していので、右と左の二手に分かれています。まず左側へ。

階段を昇って左側は、古代から現代までの公演芸術の歴史の流れを見ることができます。壁には年表が貼られています。展示物は3つに区分されていて

1空間 公演芸術、根を張る
2空間 公演芸術、花を咲かせる
3空間 公演芸術、森を築く

…といった名前がつけられています。

1空間

宮中と民間公演芸術のアニメーション映像や、さまざまな音声を聞くことができる装置が用意されています。

チーム長
使い方がわからない…

訪問者はわたし以外に誰もいなかったため、職員の方が親切にいろいろ教えてくれました。

2空間

開花期から近代までの展示。韓国の芸妓、妓生(キーセン)の絵や蓄音機、劇場のチケット、パンフレットなどが展示されています。昔の映画館を模したおしゃれな映像室もあり、昔の映画が上映されていました。

3空間

ソウルの公演芸術博物館展示物

60~70年代の音盤や公演プログラム

6.25戦争前後から現代までの公演芸術の歴史。公演プログラムや台本、レコードや舞台小物などが展示されています。

公演を主題にした展示

反対側には、公演主題の展示があり、「芸術家の部屋」「舞台装置」「舞台衣装」が展示されています。

ソウルの公演芸術博物館展示

舞踊家の部屋

ソウルの公演芸術博物館展示品

公演舞台の模型

さまざまな公演衣装が展示されています。色鮮やかで美しいです。

公演芸術博物館の展示衣装

「貴族の遊び」公演衣装

ソウルの公演芸術博物館展示、国立劇団公演「ブリタニクス」衣装

国立劇団公演「ブリタニクス」衣装

また、展示室の奥には、舞台公演の楽屋裏が再現されていて、たくさんの舞台衣装がかかっています。

ソウルの公演芸術博物館展示

楽屋を再現した展示

ソウルの公演芸術博物館展示

衣装を試着して写真撮影も可能

ソウルの公演芸術博物館展示

ライオンキングの衣装もある

衣装をきて写真撮影をすることもできるのですが、職員の方にみられたら気まずいのでやめておきました。

ドンシク
誰かと一緒に行くと良いよ

常設展示はゆっくり見ても、一時間ほどで見学できます。また、パンフレットでこれまでの企画展示の様子を見たのですが、公演芸術に関する展示なだけあり、映像や音声、舞台制作の技術なども駆使されていて、とても華やかな展示のようです。

ソウルの国立劇場

国立劇場前の噴水。後ろには南山公園があり、ソウルタワーが見える

ソウルの南山公園

となりは南山公園

この博物館はソウルタワーのある南山公園からすぐの場所にあり、都心でありながら自然に囲まれた静かな場所です。国立劇場で公演を観た後に散策するのはもちろんのこと、ふらりとお散歩するのにおすすめです。是非訪問してみてください。
それではアンニョン~

Address

서울특별시 중구 장충단로 59 (장충동)
59 Jangchungdan-ro, Jung-gu, Seoul


 
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

-劇場, 博物館, 韓国おすすめスポット
-, ,

Copyright© シンナラ韓国 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.