" />

ソウル 五大王宮の慶熙宮(キョンヒグン)

投稿日:

ソウルの五大王宮、全部わかりますでしょうか。韓国を訪れたことがある人が、まず最初に思いつくのは景福宮(キョンボックン)だと思います。その次にユネスコ世界遺産に登録されている昌徳宮(チャンドックン)。昌徳宮に隣接しているので昌慶宮(チャンギョングン)も。徳寿宮(トクスグン)はソウル市庁近くにあり、王宮守門将交代儀式が行われているので知っている人も多いです。
五大古宮として最後に思い出される一か所、またはどうしても出てこないのが慶熙宮(キョンヒグン)だと思います。韓国人にも一番認知度が低い王宮です。

慶熙宮崇政殿

慶熙宮崇政殿の玉座

崇政殿の玉座。天井には王を象徴するる二匹の龍

慶熙宮(キョンヒグン)は朝鮮時代の宮廷で、王の離宮として愛用されました。光化門広場から程近い、ソウル歴史博物館の隣りにあります。ソウル歴史博物館が最初の目的地で、帰りにこちらに寄って帰る方も多いかもしれません。とはいえ、ソウル歴史博物館がある場所は、もともと慶熙宮があった場所でした。

慶熙宮崇政殿

崇政殿は慶熙宮の正殿。朝会をしたり、公式行事が行われたところ

慶熙宮回廊

回廊。朝鮮時代の雰囲気を感じられる

日帝強占期の慶熙宮

日本が植民地支配した時代を、韓国では日帝強占期といいます。

日帝強占期(日本が植民地支配した時代)、慶熙宮(キョンヒグン)は朝鮮総督府の所有に移り、 日帝は慶熙宮の敷地に日本人学校である、京城(キョンソン)中学校を建てました。その際に慶熙宮にあった重要な建物はほとんど取り壊され、面積も半分程度に縮小されました。

慶熙宮興化門

興化門。日本の植民地支配の時代、伊藤博文を祀る寺の門として移動された

入口の興化門(フンファムン)は、日帝が京城中学校を建てた際に慶熙宮(キョンヒグン)の南側に移されましたが、 1932年には伊藤博文を祀る博文寺に移され、正門として使われていました。博文寺は 1945年光復とともに廃寺となりました。その後博文寺の跡地に新羅ホテルが入り、正門として使われていましたが、1988年 慶熙宮の現在の位置に移されました。しかしながら本来の位置には戻せなかったため、現在の場所は本来の位置ではありません。

光復(解放)後の慶熙宮

日本人学校だった京城(キョンソン)中学校は、解放後ソウル中等ㆍ高等学校として使われていましたが、1980年、ソウル高校が江南(カンナム)に移転し、現代建設に売却されました。その後、ソウル特別市がこの敷地を購入、史跡第 271号に指定されたが、慶熙宮の復元は費用の問題で頓挫してしまい、復元工事は中止されました。そして、慶熙宮の敷地にソウル歴史博物館が建設されました。

慶熙宮復元事業

慶熙宮崇政門復元工事

崇政門の復元工事

現在の韓国の古宮の姿の多くは、日帝強占期に破壊、搬出、縮小されたものを、莫大な国費をかけ、一部のみを復元したものであり、まだ復元事業はつづいています。

慶熙宮(キョンヒグン)は2014年から2023年までの計画で、文化財庁とソウル特別市が共同で慶熙宮2次復元事業を推進しており、現在も工事中です。慶熙宮復元のため、敷地内の民間の建物の買い入れとともにソウル歴史博物館も移転する計画があります。

慶熙宮資政殿

資政殿。王が会議をしたり公務をしたところ。韓服の女の子がかわいい

慶熙宮

資政殿崇政殿からソウルを見る

慶熙宮(キョンヒグン)は5大古宮の中で唯一入場無料で、入り口には日本語のパンフレットもあります。多くの観光客はまず景福宮を訪れるため、慶熙宮はとても静かで、ゆっくり見学することができます。
また、ソウル歴史博物館の裏庭とつながっていて、敦義門博物館マウル、警察博物館とも隣接しています。韓国の歴史と、伝統宮廷の雰囲気を感じることができる場所です。ぜひあわせて見学してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Address

서울특별시 종로구 새문안로 55
55 Saemoonan-ro, Jongno-gu, Seoul
ソウル歴史博物館
ソウル歴史博物館(1)「ソウルと平壤の3.1運動」

ソウル歴史博物館(本館)は朝鮮時代から現在にいたる都市ソウルの歴史と文化を知ることができる博物館です。ソウル歴史博物館は漢陽都城博物館、清渓川博物館、慶熙宮、コンピョン都市遺跡展示館など、多数の分館を ...

敦義門博物館マウル80年代ゲームセンター
ソウル 敦義門博物館マウル

2017年に鐘路チョンノ区にオープンした敦義門トニィムン博物館マウルは、リモデリングで展示館と体験イベントを備え、2019年4月6日 新たな文化空間として生まれ変わりました。 警察博物館左手の階段を昇 ...

ソウル警察博物館警察車両
ソウル 警察博物館

警察博物館は、これまでの警察の足跡と活躍を振り返り、警察のあるべき姿を確立しながら、国民によりそった治安サービスを提供するため、国民と警察がともに共有できる文化空間を目指して設立された博物館です。 ソ ...

 


 
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

-日帝強占期, 有名な観光地, 韓国おすすめスポット
-,

Copyright© シンナラ韓国 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.