日帝強占期

漢陽都城博物館 棺につけた"コッドゥ"の姿

漢陽都城(ハニャントソン)博物館(2)日本植民地時代

日帝強占期 漢陽都城の毀損 日本の植民地支配を受けた時代を韓国では「日帝強占期」といいます。日帝強占期 1910年~1945年の間に、朝鮮時代からソウルとともにあった城郭都市に何が起こったか。東大門城 ...

漢陽都城博物館資料室レゴでつくった東大門

東大門城郭公園の漢陽都城(ハニャントソン)博物館

1396年に山の稜線に沿い築かれた首都の城郭、漢陽都城ハニャントソン。近代化と日本の植民地支配の歴史の中で、一部取り壊されたり、毀損されましたが、今でも原型を保ったまま都市と共存している文化遺産です。 ...

長寿マウル

地域のお祭りと漢陽都城 城郭ツアー

芸術祭り「三仙サムソン遊覧」 ソウル市のサポートにより、城北区と、三仙洞サムソンドン地域にある漢城ハンソン大学が共同で進行する、キャンパスタウン事業の一環として開かれたお祭り。 漢城大入口駅前 噴水広 ...

韓国金融史博物館展示

韓国金融史博物館(2)日帝強占期の金融

韓国の経済は、日帝強占期(日本の植民地支配を受けた時代)に近代化されたようにみえたが、国民は蚊帳の外におかれていた。実状は日帝による金融経済の独占を目的とした侵奪と、戦争資金の調達だった。 日帝の主導 ...

韓国金融史博物館フォトスポット

韓国金融史博物館(1)

光化門クヮンファムンにある韓国金融史博物館は、国内最初の金融史に特化した博物館で、新韓シナン銀行が運営しています。現在の新韓シナン銀行の前身、朝興チョフン銀行が創立100周年を迎えた1997年3月27 ...

植民地歴史博物館展示物

植民地歴史博物館(2)

2部 日帝の侵略戦争、韓半島に何が起きたのか 1937年 日帝は日中戦争を始め、自国民のみならず、朝鮮の国民までを総動員しはじめた。侵略戦争に自発的に協力させるため「皇国臣民化政策」を押し付けた。 皇 ...

植民地歴史博物館展示物

植民地歴史博物館(1)

日本では目にすることがない植民地支配の歴史 韓国の年表の1910年~1945年は「日帝強占期」と呼ばれ、日本から植民地支配を受けた時代です。 しかし、日本は韓国という「外国」で、植民地支配をした時代の ...

© 2022 シンナラ韓国 Powered by AFFINGER5