" />

国立ハングル博物館

投稿日:

世宗大王セジョンデワンの愛国精神を継承し、ハングルの資料を収集、保存し、その優秀性、文化を広く知らせるための活動をおこなっている国立ハングル博物館

国立ハングル博物館 外観

国立ハングル博物館 外観

2014年ハングルの日(10月9日)に開館。10月9日韓国は国慶日で休日となります。

ハングルとは

ハングルとはハン글자クルチャで、大韓固有の文字のこと。大きい文字、完璧な文字という意味もある。そのため「ハングルを読めません」は正しい。
「ハングルができません×」や「ハングル語×」は間違いです。⇒「韓国語ができません」「韓国語」が正しい。

国立ハングル博物館展示

「ハングル講座」について

NHKの「ハングル講座」は「韓文字の講座」という意味の題目をつけながら会話も教えているため、紛らわしく、多くの誤解を呼んでいる。

これは「韓国語講座」にすると、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)系の団体などから「朝鮮語講座」にするべきだという抗議が入り、「朝鮮語講座」にすると反対の状況が起こり得るために代案を考えた結果だという話がある。(NHKに未確認ですが・・・)

国立ハングル博物館常設展示室入口の訓民正音

常設展示室入口の訓民正音

ちなみに朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)では韓国を南朝鮮と呼び、そして韓国では朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のことを北韓と呼びます。

「ハングル」という言葉を使い始めたときは大韓帝国時代で同じ国だったから、NHK「ハングル講座」という名称は中立といえるかもしれない。しかしながら現在、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)では自国を指す表現としてハンを使わない。文字についても「ハングル」と言わず 조선글チョソングル(朝鮮文字)に変えて使っているそうなので「ハングル講座」という名称は現実には中立でないと言える。

ところで近年、上智大学を始めいくつか大学など教育機関では「コリア語」という名称が使用されているところもあります。既存の考えにしばられない新しい名称ではないかしら。

チーム長
中立を目指すなら「コリア語講座」アリだと思うわ・・・

ハングルの創製

国立ハングル博物館

ハングルをつくった王様、世宗大王の姿

1443年10月、世宗大王セジョンデワンは「民を教える正しい音」という意味の訓民正音フンミンジョンウムを創製した。誰が、いつ、どのような目的で創ったかが明らかな文字は世界でハングル以外にありません。

訓民正音解例本

現在残っている訓民正音 解例本ユネスコ世界記憶遺産大韓民国国宝に指定されています。

国立ハングル博物館 訓民正音解例本

訓民正音 解例本(複製)

朝鮮時代

国立ハングル博物館

朝鮮時代中期の文臣 李文楗イムンゴン。父母のお墓にハングルで刻まれた碑石を建てた。現存するハングルの一番古い資料で、ソウル蘆原ノウォン区の下渓洞ハゲドンにある。

国立ハングル博物館

朝鮮時代後期の文臣申景濬シンギョンジュン。ハングルの原理を絵とともに表し解説した研究書を書き、ハングルの科学的研究に大きな成果を残した。

朝鮮時代後期~大韓帝国期

国立ハングル博物館高宗がハングルを朝鮮の公式文字に定めた

朝鮮王朝第26代王高宗(コジョン)

1894年 高宗コジョンがハングルを朝鮮の公式文字に定めた。

日帝強占期(日帝の植民地支配期)

現代韓国語文法の体系をつくった国語学者、周時経チュシギョン先生。後ろの建物は最初の国立国語研究機関の国文研究所。訓民正音フンミンジョンウムを「ハングル」と呼び始めたのは、大韓帝国期1913年、周時経チュシギョン先生が初めてといわれる。

国立ハングル博物館周時経チュシギョン先生

国語学者 周時経(チュシギョン)先生

国立ハングル博物館訓民正音頒布480周年記念式

訓民正音頒布480周年記念式

1926年 日帝の植民地支配期、朝鮮語研究会が主導しソウルの食堂で「訓民正音フンミンジョンウム頒布480周年記念式」を行った様子。

国立ハングル博物館朝鮮語学会による朝鮮語大辞典の編纂会

朝鮮語学会による朝鮮語大辞典の編纂会

1929年 日帝の植民地支配期、朝鮮語学会が最初の韓国語大辞典조선어 큰사전朝鮮語大辞典の編纂を始めた。

ハングルの普及

ハングルは仏教や儒教の経典や外国語学習、文学、作品、生活用品など、多方面で幅広く使われ普及していった。

国立ハングル博物館訳されハングルで書かれた経典

ハングルに翻訳し書かれた朝鮮時代の法華経読解本

国立ハングル博物館1699年ハングルの日本語教材

ハングルで書かれた朝鮮時代の日本語教材

1699年の通訳を担当する訳官の日本語学習のための会話教材。ひらがなで本文を表記した横に、ハングルで読み仮名がふってある。この時代にこのような本が出されていたことは驚き。ハングルもひらがなもあまり読めない…ㅠㅠ

国立ハングル博物館ハングルで書かれた中国語の教材

ハングルで書かれた朝鮮時代の中国語教材

1795年の中国語学習の教材。中国と貿易活動をする状況を会話形式で載せ、読み仮名と翻訳文が書いてある。

国立ハングル博物館ハングルで書かれた本

古典小説 春香伝

1920年代人気を博した古典小説 春香伝。表紙がカラフルで当時メンコを意味するタクチ本と呼ばれた。

ハングルのデジタル資料や近代の映像など

国立ハングル博物館展示

写真が暗いですがなんだか未来的なんです

国立ハングル博物館のハングルの椅子

映像スペースの椅子もハングル

ハングルで書かれた広告

国立ハングル博物館 ハングルで書かれた強壮剤の広告

強壮剤 ネオトントニックの広告

1930年「世界的強壮剤ネオトントニック」の広告。日帝強占期1920年代以降は、いわゆる誇大広告の無法地帯だったと言われている。このネオトントニックはアメリカからの輸入品で、食欲減退、肺結核、神経衰弱、心臓機能不全・・・いろいろな適応症があるそうな。

国立ハングル博物館ハングルで出版された雑誌に載ったポマードの広告

ウテナポマードの広告

1933年。毛髪を美しく整えてくれ、白美のつやを出してくれ、芳しい香りを放つウテナポマード。友人たちもみなウテナポマードを使っている…とのこと。

国立ハングル博物館雑誌

女性用化粧品の広告

1934年の女性用化粧品レートクレームの広告。お肌のキメが若返り、シルクのようなお肌のキメに。

国立中央博物館とセットで見学

国立中央博物館

国立中央博物館。4号線二村駅2番出口からすぐ

国立ハングル博物館国立中央博物館と同じ敷地にあります。ソウルに来て博物館を見学するなら、個人的にまず最初におすすめしたい場所が国立中央博物館です。多くの貴重な国宝、宝物が所蔵、展示されていますが、入場料が無料なのは本当に驚きます。この規模の博物館なら多くの国でそれなりの入場料、$20くらいはしますから・・・。広い池と庭があり、野外にも数々の展示物があります。

ドンシク
ミュージアムショップは充実の品揃えでお値段もやさしいです
国立ハングル博物館とあわせて見学してみてね。ではアンニョン~
テヒ

国立ハングル博物館

서울시 용산구 서빙고로 139
139 Serving Street, Yongsan-gu, Seoul
ソウル地下鉄4号線二村駅2番出口から右方向に400m直進


 
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

-博物館, 日帝強占期, 韓国おすすめスポット
-,

Copyright© シンナラ韓国 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.