" />

忠武公 李舜臣(イスンシン)将軍と政府標準遺影

投稿日:2019年12月3日 更新日:

忠武公チュンムゴン 李舜臣イスンシンは壬辰倭乱当時、朝鮮の水軍を統率していた武臣。韓国で最も有名な英雄。

光化門広場の忠武公李舜臣将軍の像

光化門広場の忠武公 李舜臣将軍の像

光化門広場の忠武公李舜臣将軍の像

光化門広場地下の忠武公李舜臣将軍の物語(チュンムゴン イヤギ)レリーフ

韓国で最も有名な英雄 忠武公 李舜臣将軍

李舜臣イスンシン将軍の諡號シホは「忠武公チュンムゴン

諡號シホとは

王や王妃をはじめ、官職者や国家的な功を立てた人物が亡くなった後、その業績によって国王から与えられた名前。忠武公は忠誠の「忠」と武芸の「武」、位による尊称「公」の字をつけた、 武人として功を立てた人に与えられた最高の諡號。

韓国で忠武公チュンムゴンと言えば、最も有名な李舜臣イスンシンを指す場合が多いが、実は忠武公チュンムゴンと呼ばれる人物は数人いる。

チンジュ市忠武公金時敏の像

晋州城(チンジュソン)公園の忠武公 金時敏(キムシミン)将軍の像

ちなみに観光地としても有名で、道路名・駅名になっている忠武路チュンムロ忠武公チュンムゴン 李舜臣イスンシン将軍にちなんでつけられている。光化門広場の道路名住所は世宗路セジョンノで言うまでもなく、世宗大王セジョンデワンからつけられた名前。

光化門広場の地下 忠武公(チュンムゴン)イヤギ

光化門広場の世宗セジョン大王像の後ろにある秘密の入口、または世宗セジョン文化会館から、入場無料で見学できます。

光化門広場地下のセジョンイヤギ

光化門広場の地下に広がる別世界、世宗セジョンイヤギ忠武公チュンムゴンイヤギ。ふたつの展示スペースは地下でつながっています。

光化門広場の地下、世宗(セジョン)イヤギ

光化門広場の地下はとても広~い

政府標準遺影

光化門広場地下の忠武公李舜臣将軍の物語(チュンムゴン イヤギ)肖像

忠武公 李舜臣の標準遺影

1973年10月30日に忠武公チュンムゴン 李舜臣イスンシンの政府標準遺影として指定された絵。この絵を描いた画家 月田張遇聖チャンウソンは日帝強占期に生まれた画家。(*月田張遇聖チャンウソンは2008年の民族問題研究所の親日人名リストに選定されている)

政府標準遺影とは

歴代偉人の容貌を標準に指定した肖像画を指す用語。 標準遺影指定事業は、朴正熙パクチョンヒ政権時代に、忠武公チュンムゴン 李舜臣イスンシンの関連史跡聖域化の過程で始まった。同じ人物なのにもかかわらず、顔や姿勢などがまちまちだという状況を統一し規制するため、国から依頼して描かれた肖像画を標準肖像画とした。

つまり、現在知られている偉人の絵の多くは1970年代以降に創作された新しいものだということになります。下記サイトで政府標準遺影の指定目録、意義、現況や規則など知ることができます。興味深い内容です。

大韓民国 文化体育観光部ウェブサイト

伝統文化ポータル

ちなみに銅像には標準指定の制度がないそうです。

チーム長
李舜臣将軍の銅像の顔を比べてみよう

忠武公李舜臣将軍の顔を比べてみる

左上:釜山 龍頭山公園の銅像 右上:政府標準遺影(基本)
左下:龍山区 戦争記念館の胸像 右下:忠武公イヤギのレリーフ
・・・釜山龍頭山公園の像は顔が見えないね
テヒ
ドンシク
そだね。でも最近のものはだいたい政府標準遺影に近いみたい

展示

亀甲船

光化門広場地下の忠武公李舜臣将軍の物語(チュンムゴン イヤギ)亀甲船の内部

日本では亀甲船とよばれますが、韓国語では 거북선コブクソンコブク+船)または漢字語の귀선クィソン(亀船)なので、あえて日本語に訳すなら亀船だと思うんです。

光化門広場地下の忠武公李舜臣将軍の物語(チュンムゴン イヤギ)亀甲船の内部

亀船は内部を見学できます。

光化門広場地下の忠武公李舜臣将軍の物語(チュンムゴン イヤギ)亀甲船の内部

光化門広場地下の忠武公李舜臣将軍の物語(チュンムゴン イヤギ)亀甲船の内部

海戦の様子

光化門広場地下の忠武公李舜臣将軍の物語(チュンムゴン イヤギ)亀甲船の内部

火砲

映像室

光化門広場地下の忠武公李舜臣将軍の物語(チュンムゴン イヤギ)映像展示

入室するとセンサーで映像が流れます。臨場感のあるかっこいい映像です。

体験ブース

光化門広場地下の忠武公李舜臣将軍の物語(チュンムゴン イヤギ)体験ブース

子供向けの体験ブースは広く、さまざまな遊び道具が用意され、お子さん連れの家族の姿もあります。

玄字銃筒

壬辰倭乱当時の大型の銃筒。宝物885号に指定されている。

光化門広場地下の忠武公李舜臣将軍の物語(チュンムゴン イヤギ)銃筒

天字銃筒

壬辰倭乱当時使用された大型の銃筒のうち一番大きなもの。

光化門広場地下の忠武公李舜臣将軍の物語(チュンムゴン イヤギ)銃筒

紅小令旗

中国 明の皇帝が忠武公チュンムゴン 李舜臣イスンシン将軍に与えた8種の物品のうちのひとつ。

光化門広場地下の忠武公李舜臣将軍の物語(チュンムゴン イヤギ)

鬼刀

光化門広場地下の忠武公李舜臣将軍の物語(チュンムゴン イヤギ)
中国 明の皇帝が忠武公チュンムゴン 李舜臣イスンシン将軍に与えた8種の物品のうちのひとつ(複製品)で、護身用の刀。もち手が鬼神のようになっている。斬新なデザインでかっこいいです。

国を愛し国を憂い亡くなった忠武公 李舜臣将軍

乱中日記

忠武公チュンムゴン 李舜臣イスンシン将軍の日記。

光化門広場地下の忠武公李舜臣将軍の物語(チュンムゴン イヤギ)乱中日記

필사즉생 필생즉사(必死即生 必生即死)
死を覚悟して戦えば生き、生きようと戦いから逃れれば死ぬだろう。

光化門広場地下の忠武公李舜臣将軍の物語(チュンムゴン イヤギ)肖像

月田張遇聖が描いた忠武公 李舜臣

初出戦である玉浦オクポから、最後の露梁ノリャンの海戦で亡くなるまで、23戦23勝利という驚くべき成果を成し遂げた忠武公チュンムゴン 李舜臣イスンシン将軍。「今はまだ戦いの途中だから、わたしの死を誰にも知らせてはならない」と遺言を残した。

光化門広場地下のセジョンイヤギミュージアムショップ

ミュージアムショップ

光化門広場地下のセジョンイヤギのカフェ

カフェ(地下)

亀甲線の横のエスカレーターを上ると、上階は食堂街で、高級なお店と、ほどよく庶民的なお店があります。ずっと歩いていくとカフェや結婚式場、美術館があり、セジョン文化会館から出ることができます。

広くてみどころ満載です。世宗大王と忠武公チュンムゴン 李舜臣イスンシン将軍。二人の偉人の物語イヤギを読んでみてね。アンニョン~
テヒ

Address

忠武公チュンムゴンイヤギ
入場無料午後8時まで見学可能(月曜休館)
ソウル特別市鍾路区世宗路 光化門広場 世宗大王銅像地下
光化門広場の地下、世宗(セジョン)イヤギの展示
光化門広場の集会と世宗大王の物語(セジョン イヤギ)

光化門広場の世宗(セジョン)大王像。後方に景福宮の光化門と北岳山が見える ソウル観光で最も多くの人が訪れる古宮、景福宮キョンボックンの目の前が光化門クヮンファムン広場です。光化門クヮンファムン広場の世 ...


 
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

-アウトドア, 博物館, 有名な観光地, 韓国おすすめスポット
-, ,

Copyright© シンナラ韓国 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.