" />

ユネスコ世界文化遺産 昌徳宮月明かり紀行

投稿日:

昌徳宮チャンドックンは朝鮮王朝の第3代太宗テジョン5(1405)年、景福宮の離宮として建てられた宮殿で、1997年12月ユネスコ世界遺産に登録されました。(ソウル市内の世界遺産は2019年現在昌徳宮チャンドックン宗廟チョンミョの2箇所)

ユネスコ世界文化遺産 昌徳宮敦化門

昌徳宮の正門 敦化門

通常昌徳宮チャンドックンに夜間入場することはできませんが、毎年一定の期間のみ、夜の宮殿を巡り、韓国伝統公演を鑑賞できるイベントが開催されています。日本の旅行社のツアーなどで一般的に「昌徳宮チャンドックン月明かり紀行」という名称で募集されています。(韓国語は창덕궁 달빛여행)

ドンシク
韓国人にもとても人気のあるイベントでチケットがすぐ売り切れるよ

昌徳宮月明かり紀行 コース内容


敦化門トヌァムン(入場) ⇒ 錦川橋クムチョンキョ、進善門 ⇒ 仁政殿インジョンジョン楽善斎ナッソンジェ ⇒ 上涼亭(大笒テグム独奏) ⇒ 芙蓉池ブヨンジ ⇒ 不老門 ⇒ 愛蓮亭 ⇒ 演慶堂ヨンギョンダン(伝統芸術公演と伝統茶) ⇒ 後苑の森の道 ⇒ 敦化門トヌァムン(解散)ガイドの案内解説付き、所要時間は約120分

受付、集合:敦化門

昌徳宮チャンドックンの正門、敦化門トヌァムン(宝物第383号)。1412年(太宗12)に建設された2階建ての門。

昌徳宮月明かり紀行2019敦化門

敦化門

イベントに参加する人が敦化門前に続々と集まります。

昌徳宮月明かり紀行2019受付

受付

昌徳宮月明かり紀行2019敦化門

迫力の守衛

守衛と写真撮影できる時間が設けられている。

昌徳宮月明かり紀行2019敦化門

ドッキドキ

昌徳宮月明かり紀行はグループで移動します。1グループごとにガイドがつき、解説しながら案内してくれます。

昌徳宮月明かり紀行

仁政門インジョンムン

 

昌徳宮の中はかなり暗く、二人でひとつ、燃灯ヨンドゥンを持ち足元を照らしながら移動します。仁政門インジョンムンは、昌徳宮の中心にある建物 仁政殿インジョンジョンの正門。

昌徳宮月明かり紀行仁政門

暗くて雰囲気でる~

仁政殿インジョンジョン

仁政殿インジョンジョン(宝物第813号)は昌徳宮の正殿。朝鮮王朝の多くの王の即位式、臣下の拝礼、外国使臣の接見など、重要な国家の儀式を行った場所。

昌徳宮月明かり紀行仁政殿

ライトアップで暗闇に浮き上がる仁政殿

仁政殿は外から見ると二階建ての建物に見えますが、内部を見ると一階建て。天井がとても高い。

昌徳宮月明かり紀行玉座

仁政殿内部の玉座

昌徳宮月明かり紀行仁政殿前

ソウルタワーが見える。過去と現在の景色の融合

昌徳宮月明かり紀行仁政殿

夜間に見るとまったく違う雰囲気。迫力を感じる。

楽善斎ナッソンジェの門 長楽門

昌徳宮月明かり紀行楽善斎の門長楽門

楽善斎ナッソンジェ

昌徳宮月明かり紀行楽善斎

楽善斎ナッソンジェ(宝物:第1764号)は、朝鮮24代王憲宗ホンジョンの書斎兼サランチェ(主人の居間、客間)として建てられた。王宮の他の建物のように、丹青を施していない質素で素朴な建物。楽善斎ナッソンジェとは「善を楽しむ」という意味で「王が善行をすれば百姓が楽しくなり、これによって王も楽しくなる」という意味を持っているそうです。

丹青:木造の建物に丹碧で模様を描くこと

昌徳宮月明かり紀行

様々な文様の装飾

上涼亭サンリャンジョン

上涼亭サンリャンジョンは楽善斎の後ろにある六角形の楼閣。大笒テグム(韓国の笛、伝統楽器)の独奏を鑑賞。

昌徳宮月明かり紀行上涼亭(大笒(テグム)独奏)

オモ・・・

大笒テグムは少し悲しいような懐かしいような音色。夜の昌徳宮で伝統楽器の音色を聞くと、胸にジーンとせまるものがあります。

芙蓉池ブヨンジ

芙蓉池ブヨンジを中心に多くの建物が建てられている。

昌徳宮月明かり紀行芙蓉池

昌徳宮月明かり紀行2019芙蓉池前の王様と王妃

あっ 王様!!

王様見ると「チョ~~ナ~~」(전하=殿下 )って言いたくなるのよね
テヒ
チーム長
ドラマの見すぎだと思うよ

芙蓉池前では、王と王妃、尚宮サングンたちと写真撮影できる時間が設けられていました。

昌徳宮月明かり紀行2019芙蓉池

王と王妃、尚宮たちが帰っていきます。(退勤)

昌徳宮月明かり紀行芙蓉池

静かな池に映る景色で美しさが倍増

季節により、さまざまな顔を見せる芙蓉池。まだ紅葉には少し早い時期だったので残念。蓮の花が芙蓉池一面に咲くところも見てみたい。

昌徳宮月明かり紀行芙蓉池愛蓮亭

右の建物が愛蓮亭。カヤグムの音色が響きます

愛蓮亭での伽耶琴カヤグム演奏。伽耶琴カヤグムは朝鮮半島の伝統的な弦楽器。

昌徳宮月明かり紀行2019愛蓮亭

愛蓮亭 カヤグム演奏

演慶堂 伝統芸術公演と伝統茶

見学コースの最後のイベントは、演慶堂ヨンギョンダン(宝物:第1770号)で温かい伝統茶をいただきながら、伝統芸術公演鑑賞。

伝統芸術公演_昌徳宮月明かり紀行2019

すごい身体能力

昌徳宮月明かり紀行2019演慶堂

パンソリ

昌徳宮月明かり紀行

影絵による王と王妃の物語

昌徳宮月明かり紀行2019演慶堂伝統芸術公演

ほんとうに美しい

昌徳宮月明かり紀行2019演慶堂伝統芸術公演

きれい・・・
テヒ

昨年(2018年)もこのイベントに参加しましたが、演慶堂ヨンギョンダンの伝統公演以外の見学内容はほとんど同じでした。来年ははわかりません。

伝統芸術公演_昌徳宮月明かり紀行2018演慶堂

2018年の昌徳宮月明かり紀行

伝統芸術公演_昌徳宮月明かり紀行2018演慶堂

2018年の昌徳宮月明かり紀行

昌徳宮チャンドックン月明かり紀行は、韓国文化財団のウェブサイトから予約が可能です。人気のイベントなので、定期的にサイトをチェックすると良いです。

韓国文化財団ウェブサイト

昌徳宮月明かり紀行

朝鮮時代と同じ星が輝いています

イベント終了後は、後苑フウォンの森の道を通り、敦化門トヌァムンから外にでます。電気がない時代の夜道は暗いということを実感。暗い中、手持ちの燃灯を頼りに多くの階段を上らなければならず、最後の伝統芸術公演の観覧以外は移動で歩き続けるため、歩きやすい靴と体力が必須です。

昌徳宮月明かり紀行2019記念品

昌徳宮月明かり紀行2019年の記念品。金箔が輝く美しい石鹸とポーチ

ユネスコ世界文化遺産 昌徳宮進善門

燃灯ヨンドゥンの灯りをたよりにあるく古宮はまさに朝鮮時代。夜と昼でまったく違う姿をみせてくれます。また、昌徳宮チャンドックンの他にも、夜間観覧可能な古宮があります。景福宮キョンボックンは、初夏~秋の間、夜間特別観覧期間が設けられており、券売所で直接当日券を購入できます(パスポートなど身分証明書が必要)。また、昌徳宮チャンドックンの隣の昌慶宮チャンギョングンは、2019年より、毎日21時まで夜間観覧が可能となりました。

イベントじゃなくお散歩だけでも、夜の古宮は本当におすすめです。それでは、アンニョン~
テヒ

Address

昌徳宮
서울특별시 종로구 율곡로 99
ソウル特別市 鍾路区 栗谷路 99
2019年 景福宮 星光夜行宮廷料理
景福宮(キョンボックン)星明かり夜行

韓国文化財財団 2019年 景福宮 星明かり夜行 宮廷料理体験と国楽公演の観覧。各所で俳優たちが朝鮮時代の宮廷の歴史を演じながら、朝鮮王朝の王宮、景福宮を案内してくれる夜間探訪プログラム「2019年 ...

景福宮宮中夜別食
景福宮(キョンボックン)夜間観覧「宮中夜別食」

伝統公演を観ながら、朝鮮時代の間食である「宮中夜別食」(궁중야별참:夕飯を食べた後の夜食)を試食するイベントに参加しました。 古宮 景福宮 勤政殿。後ろに見えるのは北岳山(プガッサン) 韓国文化財財団 ...


 
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

-アウトドア, 文化体験, 有名な観光地, 韓国おすすめスポット
-, ,

Copyright© シンナラ韓国 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.