" />

ソウル 敦義門博物館マウル

投稿日:2019年7月14日 更新日:

2017年に鐘路チョンノ区にオープンした敦義門トニィムン博物館マウルは、リモデリングで展示館と体験イベントを備え、2019年4月6日 新たな文化空間として生まれ変わりました。

敦義門博物館マウル

警察博物館左手の階段を昇るとすぐ

敦義門トニィムンの歴史とセムナンの名前の由来

敦義門博物館マウルは鍾路チョンノ区のセムナンにあります。漢陽都城ハニャントソンの西側の大門、敦義門トニィムン(西大門)は、1396年に初めて建てられましたが、景福宮の支脈を損なうため場所を替え、1422年に現在の貞洞チョンドン交差点がある場所に新しく建設されました。この時から敦義門(西大門)には新しい門という意味の「セムン」という別称がつき、敦義門の内側の町は「セムン アン ゴル」「セムン アン マウル」(新しい門の中の村・町という意味)と呼ばれるようになりました。

都城博物館 取り壊される前の西大門(敦義門)

取り壊される前の西大門(敦義門)

その後日帝強占期(日本が植民地支配をした時代)の1915年、日帝は都市計画という名目のもと、敦義門トニィムンを撤去しました。敦義門は2019年現在も、ソウルの四大門の中で唯一、存在しない門になりました。

光復後1960年代~70年代は、 周辺に名門校が多かったセムナンマウルには、家を改造し学生に勉強を教える有名私塾がたくさんできましたが、名門校が江南カンナム地域に移っていき、私塾は下火になりました。その後は高層ビルが建ち始め、周辺企業に勤める会社員を対象とした食堂路地として全盛期をむかえます。

2003年には再開発で既存の建物を全面撤去し、公園が作られる計画でしたが、ソウル市は、新しい建物を建てるのではなく、漢陽都城の城門内の最初のトンネであるセムナンマウルの歴史的価値を広く知らせ、セムナンマウルの生活と記憶を保存しようと、既存の建物を補修することを選択し「ソウル型都市再生方式」をすすめ、地域全体を博物館マウルとしたものです。

近現代100年、記憶の保管所

そして近現代のソウルの歴史、暮らしをそのまま維持、再現し、地域全体が博物館となりました。敦義門トニィムン博物館マウルは4つのテーマに分かれています。

マウル展示館 敦義門地域の歴史と再生を紹介する敦義門展示館や60~80年代の生活を再現したレトロな建物のさまざまな展示館
マウル教育館 伝統文化体験ができる韓屋施設
マウル創作所 写真館や地域のアーティストが制作した作品のワークショップなど
その他施設 案内所、休憩所など

敦義門トニィムン博物館マウルはとても広く、テーマパークといえるほどの規模です。わたしが見学した展示館と創作所の一部を紹介します。

生活史展示館

60~80年代の一般の家を再現。靴を脱いで中に入ることができます。観覧無料です。

敦義門博物館マウル

60~80年代の居室を再現。螺鈿の家具がすばらしい

敦義門博物館マウル

応答せよ6080!学生の勉強部屋

敦義門博物館マウル

台所。練炭があります

敦義門博物館マウル

洗濯の場面を再現。水道や洗濯板、せっけんもレトロ

劇場を再現した建物

敦義門博物館マウル

セムナン劇場

60~80年代の映画館を再現。2階では当時の映画が上映されています。無料で観ることができます。

敦義門博物館マウル60年代映画館

チケット売り場の・・・何の映画かわかりませんがガウンは韓国風の模様

敦義門博物館マウル60年代映画館

チケット売り場。実際には映画は無料

ゲームセンターと漫画部屋(娯楽室)

敦義門博物館マウル

一階はゲームセンター。二階は漫画部屋(娯楽室)

韓国の「漫画部屋」は、レンタル、または読書ができる部屋がある娯楽施設のことです。

敦義門博物館マウルゲームセンター

レトロなイラストが貼られている受付。かわいい

ところで日本語で言うところの「レトロ」は、韓国では「アナログ時代」と表現します。

敦義門博物館マウル80年代ゲームセンター

70~80年代のゲームセンター

ゲームも無料で楽しめます。初期のスーパーマリオをプレイしてきました。なつかしいゲームばかりで楽しすぎです。

敦義門博物館マウル80年代ゲームセンター

壁に描かれたシュールな絵

ゲームばかりしてお母さんに怒られているトリック写真を撮ることができます。

敦義門博物館マウル漫画部屋

二階の漫画部屋

敦義門博物館マウル漫画部屋

漫画は残念ながら読むことができません

写真館

敦義門博物館写真館

近代の社交場と、80年代の結婚式場の雰囲気のスタジオ。豪華です。

敦義門博物館マウル写真館

ドンシク
スタジオでカメラマンに撮ってもらう写真は5,000ウォンから。安い~
レトロな衣装も用意されてます
テヒ

入口にこちらで撮られた写真がたくさん貼られていますが、すてきな写真ばかりでした。良い記念になりそうです。

理髪店

敦義門博物館マウル理髪店

昔の理髪店を再現した空間

理髪店。説明文には「まっすぐ、端正なヘアスタイルで人気満点だった理髪店を再現した空間」とありました。ビシッ!ときめたヘアスタイルが人気だったようです。ところでわたしの感覚ですが、韓国人男性は髪型に気をつかっている方、とても多いと思います。

敦義門博物館マウル理髪店

アナログ時代が興味深いです

敦義門博物館マウル60年代家

理髪店の奥に昔の住宅を再現した空間

他にもマウル創作所では、地域のアーティストが制作した小物を販売するお店がありました。体験教育館では、さまざまな文化体験ができます。韓紙や押し花工芸、陶磁器制作、また講義や朗読会など、毎日さまざまなプログラムが用意されています。

ソウルの中心地ですが、隣に慶熙宮キョンヒグンがある場所でもあり、マウルの路地の中はとても静かです。警察博物館の帰りに偶然発見し、まだほんの一部しか見学していないため、また探索したいと思います。展示館や路地をふらっとひとりで散策するだけでも、とても楽しめるので本当におすすめです。
それではアンニョン~

Address

서울특별시 종로구 송월길 14-3
14-3 Songwol-gil, Jongno-gu, Seoul
ソウル警察博物館警察車両
ソウル 警察博物館

警察博物館は、これまでの警察の足跡と活躍を振り返り、警察のあるべき姿を確立しながら、国民によりそった治安サービスを提供するため、国民と警察がともに共有できる文化空間を目指して設立された博物館です。 ソ ...

漢陽都城博物館 棺につけた"コッドゥ"の姿
漢陽都城(ハニャントソン)博物館(2)日本植民地時代

日帝強占期 漢陽都城の毀損 日本の植民地支配を受けた時代を韓国では「日帝強占期」といいます。日帝強占期 1910年~1945年の間に、朝鮮時代からソウルとともにあった城郭都市に何が起こったか。東大門城 ...


 
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ

-博物館, 日帝強占期, 韓国おすすめスポット
-, ,

Copyright© シンナラ韓国 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.