" />

日帝強占期

日帝強占期(日本が植民地支配した時代)や3.1独立運動について、日本では公開されない、ほとんど目にすることができない資料を紹介しています

国立ハングル博物館

国立ハングル博物館

世宗大王セジョンデワンの愛国精神を継承し、ハングルの資料を収集、保存し、その優秀性、文化を広く知らせるための活動をおこなっている国立ハングル博物館。 国立ハングル博物館 外観 2014年ハングルの日( ...

ソウル生活史博物館の拘置監(拘置所)展示室 後悔する収監者

拘置監(拘置所)展示室_ソウル生活史博物館

蘆原(ノウォン)区 ソウル生活史博物館 ソウル生活史博物館 外観 ソウル生活史博物館は、2010年に移転したソウル北部地方裁判所とソウル北部地方検察庁があった場所に誕生した。ソウル市は都市再生の観点か ...

独立運動家の家(敦義門博物館マウル)

独立運動家の家

敦義門博物館マウル「独立運動家の家」 独立運動家の家は、3.1独立運動と大韓民国臨時政府樹立100周年を記念して、つくられた展示館。独立運動家たちの愛国精神と犠牲の意味を称え、さまざまな活動を展開した ...

日帝の侵略戦争と旭日旗

日章旗と旭日旗

日帝の植民地支配と日章旗 日帝の植民地支配下で、日章旗と旭日旗がどのように使われていたか。日本で教育を受けた人は、ほとんど知ることができない。韓国各地で撮影した写真を紹介。 朝鮮大博覧会のポスター 1 ...

清渓川(チョンゲチョン)バラックテーマゾーン外観

日本大衆文化開放と清渓川バラック(板子家)体験館

ソウルを訪れる観光客にも散策コースとして人気の清渓川(チョンゲチョン)は、一度埋め立てられ、2005年に新たに復元された川です。清渓川(チョンゲチョン)板子家(パンジャッチッ)体験館(バラックテーマゾ ...

清渓川(チョンゲチョン)博物館

清渓川(チョンゲチョン)はソウルの中心地を流れる10.84kmの小さな河川。清渓川博物館はソウルの東側の城東(ソンドン)区にあり、清渓川がすぐ前を流れる場所に位置しています。常設展示、企画展示ともに、 ...

大韓民国歴史博物館「大韓独立、その日が来れば」

大韓民国歴史博物館は 2012年12月に開館した国立博物館。韓国には「○○歴史博物館」という博物館が多いですが、こちらは「大韓民国」の歴史を展示する博物館です。大韓帝国期と、1919年の3.1独立運動 ...

Copyright© シンナラ韓国 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.